私の好奇心を刺激する面白い話題を中心としたニュース、漫画、アニメ、ゲーム、ネタ、画像などを紹介しています。 世の中には面白い事がいっぱいありすぎです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好奇心といっても、なんとなくは分かるけど、
ならどういうものか説明するとなるとむずかしいです。

そこで、ウィキペディアに分かりやすい文章が
あったので、紹介します

~以下ウィキペディアより引用~

好奇心(こうきしん)とは、物事を探求しようとする振舞い、気持ちで、多くの動物に見られる行動である。自発的な調査・学習といった知的活動の根源となる感情。

その意味では、ワイドショーで芸能人の生活をほじくり回そうとすること、素粒子の行動を解き明かそうとすることに差異はないと考えられる。 目新しいものに出会ったとき生まれるその他の心情としては恐怖が挙げられる。人間が目新しいものにぶつかった場合は、好奇心が生まれるか恐怖が生まれるかのどちらかである。

本質的には、好奇心とは未知の物事に対する行動や精神的な働きを示す言葉で、自然環境や周囲の出来事の情報や関連するものを求めようとさせることにつながる。 また、聞きなれない名称は人々に好奇心を植え付けるため、注目を集めるために名前を付けることも行われる。

一般に、人の場合女性よりも男性の方が好奇心が強いとされる[要出典]。それが正しいとすれば、好奇心=探求心とするとき、専門的な職業に就いている男性の割合が女性よりはるかに多いのは自然の成り行きと考えられ、男女差別には当たらないとするべきか。

~ここまで~


なるほど、まとめると

・好奇心を持つのは人間だけではない。
・感情が生まれる過程は恐怖と似ている。
・女性より男性のほうが強い。

といったところでしょうか。

怖い物見たさというのも、好奇心と恐怖が似ているために起きる感情なんでしょうね。

ホラーも意外と男性が怖がりで女性の方が平気だったりするのも納得です。

大人になっても好奇心をなくさずに、いろんなことに貪欲になって
人生を楽しみたいものです。



ウィキペディアというのは・・・

ウェブブラウザからページの作成・編集が誰にでもできるコンテンツサーバであり、自由で即効性の高い非常に強力なウェブツール、Wikiによって(誰でも)編集できる、フリーな百科事典プロジェクトです。

何かわからない事があったら調べるのに便利です。
誰でも編集できるので、人それぞれの個性が出ていておもしろいです。
あまりにひどいと削除されますしw

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/11/12(水) 09:21 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/11/17(月) 19:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://1neta.blog53.fc2.com/tb.php/2-b8d21a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。